山田蠖堂(読み)やまだ かくどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田蠖堂 やまだ-かくどう

1803-1861 江戸時代後期の儒者。
享和3年生まれ。出羽(でわ)米沢藩(山形県)藩士古賀侗庵(どうあん)に師事し,昌平黌(しょうへいこう)にまなぶ。練兵総督となるが,意見の対立から免職。安政6年出羽上山(かみのやま)(山形県)にまねかれ,3年後に藩したが,禁固の身となり,文久元年5月29日死去。59歳。病没とも自刃(じじん)ともいわれる。「蠖堂遺稿」がある。名は政苗。字(あざな)は実成。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android