コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田重利 やまだ しげとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田重利 やまだ-しげとし

1566-1636 織豊-江戸時代前期の武士。
永禄(えいろく)9年生まれ。山田重則の長男。徳川家康につかえたが,天正(てんしょう)11年同僚と口論のすえ,これを討って逃亡。井伊直政(なおまさ),ついで蒲生氏郷(がもう-うじさと)に帰属。慶長6年家康の命で秀忠につかえ,大坂の陣の活躍により2500石取りとなった。寛永13年2月2日死去。71歳。三河(愛知県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山田重利の関連キーワード稲葉正勝永禄

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android