山田音羽子(読み)やまだ おとわこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田音羽子 やまだ-おとわこ

1795-1877 江戸時代後期の画家。
寛政7年1月27日生まれ。出羽(でわ)山形藩士山田秀信の妻。弘化(こうか)2年藩主が上野(こうずけ)(群馬県)館林転封となり,その準備から道中の風景などを絵日記「お国替絵巻」としてあらわした。当時の人情,風俗を知るうえで貴重な資料である。明治10年7月28日死去。83歳。本姓岡谷。本名は兎巴(とは)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山田音羽子

没年:明治10.7.28(1877)
生年:寛政7.1.29(1795.3.19)
江戸後期,出羽国山形藩士岡谷光広の娘。同藩士山田秀信の妻。弘化2(1845)年,藩主秋元志朝が上野国(群馬県)館林藩へ転封となった際,一藩をあげての旅立ちの準備,11日間の道中の様子を六十余枚の絵入り道中記として著している。転封の段取り,引っ越しの様子がよくわかり,茶店や宿屋の絵も貴重な資料である。また音羽子は和歌や狂歌もよくした。人物画なども多く残しているが,ほとんど独習であったと思われる。<参考文献>佃与次郎『山田音羽子お国替絵巻』

(柴桂子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android