コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田音羽子 やまだ おとわこ

2件 の用語解説(山田音羽子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田音羽子 やまだ-おとわこ

1795-1877 江戸時代後期の画家。
寛政7年1月27日生まれ。出羽(でわ)山形藩士山田秀信の妻。弘化(こうか)2年藩主が上野(こうずけ)(群馬県)館林に転封となり,その準備から道中の風景などを絵日記「お国替絵巻」としてあらわした。当時の人情,風俗を知るうえで貴重な資料である。明治10年7月28日死去。83歳。本姓は岡谷。本名は兎巴(とは)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山田音羽子

没年:明治10.7.28(1877)
生年:寛政7.1.29(1795.3.19)
江戸後期,出羽国山形藩士岡谷光広の娘。同藩士山田秀信の妻。弘化2(1845)年,藩主秋元志朝が上野国(群馬県)館林藩へ転封となった際,一藩をあげての旅立ちの準備,11日間の道中の様子を六十余枚の絵入り道中記として著している。転封の段取り,引っ越しの様子がよくわかり,茶店や宿屋の絵も貴重な資料である。また音羽子は和歌や狂歌もよくした。人物画なども多く残しているが,ほとんど独習であったと思われる。<参考文献>佃与次郎『山田音羽子お国替絵巻』

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山田音羽子の関連キーワード佐佐木光子如儡子出羽秋元永朝石村近江(10代)岩谷光煕円明海片山知的内藤政氏福富勝興

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone