コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田音羽子 やまだ おとわこ

2件 の用語解説(山田音羽子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田音羽子 やまだ-おとわこ

1795-1877 江戸時代後期の画家。
寛政7年1月27日生まれ。出羽(でわ)山形藩士山田秀信の妻。弘化(こうか)2年藩主が上野(こうずけ)(群馬県)館林に転封となり,その準備から道中の風景などを絵日記「お国替絵巻」としてあらわした。当時の人情,風俗を知るうえで貴重な資料である。明治10年7月28日死去。83歳。本姓は岡谷。本名は兎巴(とは)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山田音羽子

没年:明治10.7.28(1877)
生年:寛政7.1.29(1795.3.19)
江戸後期,出羽国山形藩士岡谷光広の娘。同藩士山田秀信の妻。弘化2(1845)年,藩主秋元志朝が上野国(群馬県)館林藩へ転封となった際,一藩をあげての旅立ちの準備,11日間の道中の様子を六十余枚の絵入り道中記として著している。転封の段取り,引っ越しの様子がよくわかり,茶店や宿屋の絵も貴重な資料である。また音羽子は和歌や狂歌もよくした。人物画なども多く残しているが,ほとんど独習であったと思われる。<参考文献>佃与次郎『山田音羽子お国替絵巻』

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

山田音羽子の関連キーワードエッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府幽霊(亡霊)山田音羽子アフリカ探検菊池大麓杵屋六左衛門レヤード

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone