山脇和泉(読み)やまわき いずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山脇和泉 やまわき-いずみ

1596-1659 江戸時代前期の能役者狂言方。
慶長元年生まれ。京都在住のまま尾張(おわり)名古屋藩につかえ,宮中御用もつとめる。寛永14年和泉守を受領(ずりょう),以後代々和泉を名のる。三宅藤九郎家,野村又三郎家を勢力下におさめ,和泉流を樹立した。万治(まんじ)2年2月4日死去。64歳。京都出身。本姓鳥飼。名は元宜(もとよし)。前名は源助,五郎左衛門。隠居名は道仙。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android