コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山茶 サンチャ

デジタル大辞泉の解説

さん‐ちゃ【山茶】

山野に自生する茶の木。
ツバキ漢名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんちゃ【山茶】

ツバキの漢名。
山地に産する茶。 〔日葡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山茶 (サンチャ)

植物。ツバキ科の常緑小高木,園芸植物。サザンカの別称

山茶 (ツバキ)

学名:Camellia japonica
植物。ツバキ科の常緑高木,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

山茶の関連キーワード猫と庄造と二人のをんな伴淳・森繁の糞尿譚女は二度生まれる東京都武蔵村山市武蔵村山[市]朝熊山経塚群新・夫婦善哉埼玉県入間市西米良(村)西米良[村]とべない沈黙東村山[市]鶴ヶ島[市]東大和[市]ツバキ(椿)珍品堂主人瑞穂[町]田村 木国甲賀のお茶木の間隠れ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山茶の関連情報