椿(読み)ツバキ

デジタル大辞泉「椿」の解説

つばき【×椿/山茶/海榴】

ツバキ科の常緑高木。本州以南に自生するが、関東以北では海岸地帯に点在し、ヤブツバキともいう。高さ3~7メートル。葉は楕円形で厚く、つやがある。春、赤い花をつける。花びらは5枚あり下部が合着し、多数の雄しべも基部が合着している。果実は球形で、秋に熟すと厚い果皮が裂けて黒い種子が現れ、種子から椿油をとる。ワビスケなど多くの品種があり庭木としても重用される。ユキツバキトウツバキとの交雑も行われ、白・桃色などの花もある。 春 実=秋》「―落ちて昨日の雨をこぼしけり/蕪村
かさねの色目の名。表は蘇芳すおう、裏は赤。

ちん【椿】[漢字項目]

人名用漢字] [音]チン(慣) チュン(呉)(漢) [訓]つばき
〈チン〉
木の名。センダン科の落葉樹。チャンチン。また、伝説中の長寿の大木。「椿寿椿葉大椿
思いがけないこと。「椿事椿説
〈つばき〉木の名。ツバキ科の常緑樹。「椿油
[難読]椿象かめむし香椿チャンチン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)「椿」の解説

椿
つばき

徳島県中東部、阿南(あなん)市の一地区。旧椿町。橘(たちばな)湾南部の小半島部を占める地域で、椿泊(どまり)はかつて阿波(あわ)水軍の本拠地であり、またカツオ漁でにぎわった。燧(ひうち)崎は火打石の採掘地であった。周辺の山地にはヤブツバキの群生地がある。レストランや大浴場などを備えた椿自然園はツバキの名所となっている。

[高木秀樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「椿」の解説

椿 (ツバキ)

学名Camellia japonica
植物。ツバキ科の常緑高木,薬用植物

椿 (チン)

植物。センダン科の落葉高木。チャンチンの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android