山衆(読み)ヤマシュウ

  • やましゅう〔シユウ|シウ〕
  • 山衆/山州
  • 山衆・山州シウ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「やましゅ」とも) 遊女たち。また、遊女。おやま。
※仮名草子・都風俗鑑(1681)一「或は蕎麦切によせては、彼山州(ヤマシウ)がけんどん成とかこち」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の山衆の言及

【茶屋】より

…遊郭にも太夫を呼ぶ揚屋に対し,下級妓を招く茶屋(または天神茶屋)があったから,〈茶屋遊び〉といえば遊所への出入りを意味した。色茶屋の女に,茶屋女,茶立女,茶汲女,山衆(やましゆう)などいろいろな呼名が与えられたのは,類似商売の多様化を示すが,遊郭が認められない場合に茶屋として営業する例は多く,地方都市で茶屋町といえば私娼(ししよう)街のことであった。徳川幕府は茶屋や茶屋女を取り締まり,延宝(1673‐81)以後おもに数量規制で対処したが,実効は薄かった。…

※「山衆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山衆の関連情報