コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山道高彦 やまみちの たかひこ

美術人名辞典の解説

山道高彦

江戸後期の武士・狂歌師。号馬蘭亭。通称山口彦三郎。田安家の臣。数寄屋連。文化13年(1816)歿

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山道高彦 やまみちの-たかひこ

?-1816 江戸時代後期の武士,狂歌師。
田安家の家臣。江戸小石川牛天神下にすむ。元木網(もとの-もくあみ)の社中に属し,小石川連をおこした。大田南畝(なんぽ)らと交遊があった。文化13年9月10日死去。姓は山口。通称は彦三郎。別号に馬蘭亭,巴蘭亭。編著に「狂風大人墨叢」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android