コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘭亭 ランテイ

デジタル大辞泉の解説

らん‐てい【蘭亭】

中国浙江(せっこう)省紹興(しょうこう)県の南西、蘭渚(らんしょ)にあった亭。昔の文人たちが流觴(りゅうしょう)の遊を行った曲水がある。→流觴曲水

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蘭亭 らんてい

?-? 幕末-明治時代の陶工。
安政(1854-60)のころ京都五条通仏師町にすむ。屋号を四ツ目屋といい,茶器,置物などをつくった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らんてい【蘭亭】

中国、浙江省紹興県の西南、蘭渚にあった亭。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

らんてい【蘭亭】

中国の浙江(せっこう)省紹興(しょうこう)(シャオシン)市の蘭渚山麓にあり、東晋の書家王羲之(おうぎし)が文人を集めて宴を開いた際に詠んだ詩を集め、「蘭亭集序」を書いた場所。鵞池の石碑に刻まれた「鵞池」の文字は、王羲之の直筆と言われている。◇「越王勾践」がこの一帯に蘭の花を植えたと伝えられることから、「蘭亭」の名称がついたという説もある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

蘭亭の関連キーワード滋賀県長浜市元浜町静岡県立美術館蘭亭序・蘭亭叙シャオシン佐久間東川唐橋君山古市金峨浅見喜舟高野百里永字八法横山華渓中山高陽明治時代山本梅逸秋山玉山貝谷采堂琴棋書画藤堂竜山稲垣白嵓高野蘭亭

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android