蘭亭(読み)らんてい

世界の観光地名がわかる事典「蘭亭」の解説

らんてい【蘭亭】

中国の浙江(せっこう)省紹興(しょうこう)(シャオシン)市の渚山麓にあり、東晋の書家王羲之(おうぎし)が文人を集めてを開いた際に詠んだを集め、「蘭亭集序」を書いた場所。鵞池の石碑に刻まれた「鵞池」の文字は、王羲之の直筆と言われている。◇「越王勾践」がこの一帯に蘭の花を植えたと伝えられることから、「蘭亭」の名称がついたというもある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「蘭亭」の解説

らん‐てい【蘭亭】

中国浙江省東北部、紹興市の西南、蘭渚(らんしょ)にあったあずまやの名。晉代、王羲之、孫綽(そんしゃく)、謝安ら四一人の名士が会した所として知られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蘭亭」の解説

らん‐てい【蘭亭】

中国浙江(せっこう)省紹興(しょうこう)県の南西、蘭渚(らんしょ)にあった亭。昔の文人たちが流觴(りゅうしょう)の遊を行った曲水がある。→流觴曲水

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例