コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山金 サンキン

百科事典マイペディアの解説

山金【やまきん】

鉱脈から産出する自然金。これが風化作用を受けて崩壊し,河床,海浜などの砂礫(されき)中に移動したものが砂金。採取された山金はシアン化法などで処理される。
→関連項目金鉱

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の山金の言及

【金】より

…自然金の品位は65~99%程度で,おもに銀との合金(エレクトラム)である。石英脈中に含まれることが多く,山金(やまきん)と呼ばれるものはこれである。大部分は岩石の風化によって砂金として川砂中に存在する。…

【銅合金】より

…鋳造,鍛造いずれにも適しており,法隆寺献納宝物中の鍛造による鵲尾(じやくび)柄香炉は鍮石によったものである。(5)煮黒味銅(にくろめどう) 山金(やまがね)ともいい,もともと銅に不純物が混じったもので,やや黒ずんだ色をしている。しかし近世では銅に白目(しろめ)(スズ4,鉛1の合金)を加え意識的に合金とする。…

※「山金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

山金の関連キーワード名奉行遠山の金さん〈2〉名奉行遠山の金さん〈4〉名奉行遠山の金さん〈3〉名奉行遠山の金さん〈1〉名奉行遠山の金さん〈5〉ハンス・C. ゼーボーム岩手県陸前高田市竹駒町大阪府河内長野市天野町奈良県大和郡山市新木町名奉行遠山の金さん市川男女蔵(2代)増山金八(2代)増山金八(3代)アルタイ山脈甲斐金山遺跡オーデリック町石卒塔婆江戸を斬る其俤浅間嶽こうやくん

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山金の関連情報