コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山鵲 サンジャク

デジタル大辞泉の解説

さん‐じゃく【山×鵲】

カラス科の鳥。カラスより小形で、尾が長く、頭は黒、背面は青、くちばしが赤い。中国大陸に分布

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんじゃく【山鵲】

スズメ目カラス科の鳥。全長65センチメートルほどで、尾羽が長い。体は濃青色で、頭頂から頸くびにかけて灰色、顔から胸は黒く、くちばしと足は赤い。ヒマラヤ・タイから中国に分布。古く飼い鳥として輸入された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山鵲 (サンジャク)

学名:Cissa erythrorhyncha
動物。カラス科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

山鵲の関連キーワード幸阿弥宗伯石原舟月幸阿弥派幸阿弥家飼い鳥尾羽頭頂