山鶯(読み)ヤマウグイス

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐おう ‥アウ【山鶯】

〘名〙 山に住むウグイス。
※和漢朗詠(1018頃)上「霧に咽ぶ山鶯は啼くこと尚少(わか)し 沙(いさご)を穿つ蘆笋は葉わづかに分れたり〈元稹〉」 〔王勃‐遊山廟詩序〕

やま‐うぐいす ‥うぐひす【山鶯】

〘名〙
① 山にすむ鶯。野生の鶯。
※美しい村(1933‐34)〈堀辰雄〉序曲「山鶯だの、閑古鳥だのの元気よく囀ることといっら」
② 植物「やまるりそう(山瑠璃草)」の異名。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android