コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡五雲 おか ごうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡五雲 おか-ごうん

1720-? 江戸時代中期の俳人。
享保(きょうほう)5年生まれ。江戸の人。炭太祇(たん-たいぎ)の門人。師没後不夜庵2代をつぎ,京都島原の妓楼の主人となる。与謝蕪村(ぶそん)らと交遊。安永2年「石の月」,6年「太祇句選後篇」を編んだ。寛政7年76歳のとき江戸にもどる。別号に必化坊。句集に「梅幸集」「ふた夜乃月」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岡五雲の関連キーワード五雲享保俳人

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android