コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡島林斎 おかじま りんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡島林斎 おかじま-りんさい

?-1865 幕末の画家。
幕臣。八代洲河岸火消屋敷の与力。狩野素川(そせん)にまなび,富士山をえがくのを得意とした。火消屋敷の与力仲間の初代歌川広重と交流があった。慶応元年8月15日死去。名は素岡。字(あざな)は独慎。通称は武左衛門別号に半仙。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岡島林斎の関連キーワード赤塚平左衛門(6代)歌川広重(初代)安藤広重山内林斎幕臣

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android