コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡崎俊夫 おかざき としお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡崎俊夫 おかざき-としお

1909-1959 昭和時代の中国文学者。
明治42年2月1日生まれ。時事新報社をへて東京朝日新聞社に入社。竹内好(よしみ),武田泰淳らと中国文学研究会をつくる。丁玲(てい-れい)の「霞村にいた時」,李広田(り-こうでん)の「引力」など現代中国文学を翻訳した。昭和34年5月26日死去。50歳。青森県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岡崎俊夫の関連キーワード李家荘の変遷武田 泰淳老残遊記昭和時代郁達夫趙樹理京劇巴金蕭紅

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android