コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹内好 たけうちよしみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹内好
たけうちよしみ

[生]1910.10.2. 長野,臼田
[没]1977.3.3. 東京
国文学者。 1934年東京大学支那文学科卒業。同年,武田泰淳岡崎俊夫らと,旧来の漢学,支那学を否定して「中国文学研究会」を結成,機関誌『中国文学月報』 (のち『中国文学』) の編集にあたった。第1回大東亜文学者会議に際し非協力を表明して 1943年同研究会を解散,『魯迅』 (1944) を書き上げ一兵卒として応召。 1946年復員後は,在野の評論家として,中国文学との対比による日本の「近代」批判,「国民文学」の提唱,現代中国論など幅広い評論活動を行なった。 1953年東京都立大学人文学部教授となり,1960年日米安全保障条約の国会強行採決に抗議して辞職。 1963年「中国の会」を発足させ,雑誌『中国』を創刊,『中国を知るために』などのエッセーを載せた。『魯迅選集』 (1965,共訳) ,『魯迅文集』 (6巻,1976~78) など魯迅作品の翻訳のほか,『竹内好評論集』 (3巻,1966) ,『日本と中国のあいだ』 (1973) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たけうち‐よしみ【竹内好】

[1910~1977]中国文学者・評論家。長野の生まれ。魯迅(ろじん)の研究・翻訳とともに、独自の見識で近代日本文化を批判。著「魯迅」「国民文学論」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

竹内好【たけうちよしみ】

中国文学者,評論家。長野県生れ。東大支那文学科卒。武田泰淳らと中国文学研究会を結成,官学化した漢学・支那学を批判した。戦時下,応召前に書いた《魯迅》が最初の出版。
→関連項目鶴見俊輔

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹内好 たけうち-よしみ

1910-1977 昭和時代の中国文学者,評論家。
明治43年10月2日生まれ。昭和9年武田泰淳らと中国文学研究会を結成して「中国文学月報」を発刊。戦後都立大教授をつとめたが,35年日米安保条約改定の強行採決に抗議して辞職。魯迅の研究と翻訳で知られ,日本文化の近代主義を批判する評論でも活躍した。昭和52年3月3日死去。66歳。長野県出身。東京帝大卒。著作に「魯迅」「中国を知るために」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たけうちよしみ【竹内好】

1910‐77(明治43‐昭和52)
中国文学研究者。長野県臼田町に生まれ,東京府立一中,大阪高校をへて東京大学文学部支那文学科を卒業。1934年学友とともに中国文学研究会を結成し,1943年に解散するまで,在野の中国研究団体の一員として,当時の日本政府とはちがう中国観を育てた。このことは当然に日本観のつくりかえを含む。その後魯迅研究に大きな影響を与えた戦時下の《魯迅》(1944)にはじまり第2次大戦後の《現代中国論》(1951)にいたる著作は,日本の文化を中国の文化と比較して〈優等生文化〉と位置づけ,批判した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たけうちよしみ【竹内好】

1910~1977) 中国文学者・評論家。長野県生まれ。東大卒。魯迅の研究・翻訳のほか、アジア的視座から近代日本文化を批判。著「魯迅」「現代中国論」「日本イデオロギー」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹内好
たけうちよしみ
(1910―1977)

評論家。長野県佐久(さく)市出身。東京府立一中、大阪高校を経て、1934年(昭和9)東京帝国大学文学部支那(しな)文学科卒業。卒業直前に岡崎俊夫(としお)、武田泰淳(たいじゅん)らと結成した中国文学研究会によって、中国現代文学研究の基礎を築いた。『魯迅(ろじん)』(1944)は日本最初の本格的魯迅論であり、第二次世界大戦中の名著の一つとされる。戦後1954年(昭和29)東京都立大教授になったが、1960年安保条約強行採決に抗議して辞任した。評論家としては『現代中国論』(1951)をはじめとする、日本近代文化の近代主義的性格の批判、「国民文学論」の提唱など、中国を対極に意識した日本社会への鋭い批判で、大きな影響を与えた。翻訳者としても魯迅をはじめとする翻訳で指導的役割を果たし、個人訳『魯迅文集』6巻(1976~78)の完成近く癌(がん)のため昭和52年3月3日死去。[丸山 昇]
『『竹内好全集』全17巻(1980~82・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の竹内好の言及

【魯迅】より

…1937)が最初のまとまった画期的なものであった。研究書としては,竹内好《魯迅》(1944)が,アジアの被抑圧民族の悲哀と苦悩を象徴する知識人としての魯迅の像を,アジアの中の日本に生きる竹内自身の苦悩に重ね合わせて描き,その後の魯迅研究に大きな影響を与えた。戦後は,《魯迅選集》(全12巻。…

※「竹内好」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竹内好の関連キーワード野草(魯迅の散文集)大アジア主義杉浦 正一郎思想の科学近代の超克橋川 文三岡崎 俊夫千田 九一武田 泰淳今村与志雄阿Q正伝昭和時代文芸講話大陸浪人竹内 好高橋和巳実藤恵秀上野昂志千田九一故事新編

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竹内好の関連情報