コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老残遊記 ろうざんゆうきLao-can you-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

老残遊記
ろうざんゆうき
Lao-can you-ji

中国,清末の社会小説。劉鶚 (りゅうがく) の作。章回小説。初集 20回,二集6回。初集は光緒 29 (1903) 年より雑誌『繍像小説』に連載。同 33年刊。老残と名のる市中の医師の目を通して,役人私欲に苦しむ清末の世相,特に清廉を売物にする役人が結局は酷吏と同じように人々を苦しめているという実情を痛烈に暴露したもの。二集は遺稿であるが,恋愛を中心としたもので,初集ほどの迫力はない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ろうざんゆうき〔ラウザンイウキ〕【老残遊記】

中国、清末の小説。20回。劉鶚(りゅうがく)作。1906年刊。作者とおぼしき老残と名のる医師が見聞したことを述べ、特に、清廉と自任する官僚の横暴を批判している。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

老残遊記【ろうざんゆうき】

中国,清末の小説。劉鶚(りゅうがく)〔1857-1909〕作。20回。1903年雑誌《繍像小説》に発表,1907年上海の商務印書館から単行。構成は老残という漢方医遊歴に託した見聞記。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろうざんゆうき【老残遊記 Lǎo cán yóu jì】

中国,清末の小説。劉鶚(りゆうがく)が洪都百錬生の筆名で雑誌に連載ののち1907年(光緒33)ごろ単行。全20回。第2集全9回。老残と号する男の旅行記の体裁で官界内幕を描いているが,清廉な官吏にも亡国の危険がひそむと指摘するほか,黄河治水に関する作者の経験,夢幻的なエピソード,殺人事件などが雑然と書かれている。すぐれた叙景的文体が,小説らしからぬ構成を救い,清末小説の傑作の一つにしている。【中野 美代子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ろうざんゆうき【老残遊記】

中国、清末の長編小説。二〇回。劉鶚りゆうがく著。1906年刊。老残と号する医者が山東各地の見聞録の形で、清末の官界の内幕を描いたもの。清廉せいれんな役人がかえって良民に害を与えることを指摘。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

老残遊記
ろうざんゆうき

中国、清(しん)末の小説。20回。作者は劉鶚(りゅうがく)。1903年李(り)伯元の編集による『繍像(しゅうぞう)小説』半月刊誌に連載されたが第13回で中止し、翌年『天津(てんしん)日日新聞』に掲載され完結、06年単行本となった。「老残」と名のる医者が各地に旅行して官界と関係をもち、賢臣の助力を得て冤罪(えんざい)を救う仕事をしたり、盗賊予防の策をたてたり、黄河洪水の被害者に同情して官吏の治水対策の無知を批判したりするが、とくに清官(せいかん)(清廉をもって自認する官吏)が国を誤ると指摘するのは、他の小説にみられない点である。作者の意図は、真の賢臣、清官によって仁政が行われるべしとの理想社会を期待したのであろう。続集は作者によると16回あるが、6回が公刊されている。[尾上兼英]
『岡崎俊夫訳『老残遊記』(1965・平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

老残遊記の関連キーワード岡崎 俊夫岡崎俊夫長編小説題壁詩見聞録賢臣良民

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android