コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本健三郎 おかもと けんざぶろう

2件 の用語解説(岡本健三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本健三郎 おかもと-けんざぶろう

1842-1885 明治時代の自由民権家,実業家。
天保(てんぽう)13年10月13日生まれ。維新後,太政官権(ごんの)判事から大蔵大丞(だいじょう)となる。明治6年征韓論争に敗れて退官し,翌年板垣退助らと民撰議院設立建白書を政府に提出した。のち実業界にはいり,日本郵船の理事となった。明治18年12月26日死去。44歳。土佐(高知県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岡本健三郎

没年:明治18.12.26(1885)
生年:天保13.10.13(1842.11.15)
幕末の土佐(高知)藩士,明治の政治家。土佐郡潮江村(高知市)に生まれる。下横目を勤め坂本竜馬と交友,国事に奔走。維新後,大阪府勤務,次いで政府に出て土木頭,治河司,太政官権判事,大蔵大丞を経歴,明治5(1872)年博覧会用務でオーストリアに出張。翌年征韓論政変で辞職,下野参議らに連なり民選議院設立建白書に連署,民権論を主張。10年西南戦争,立志社の挙兵計画で銃器購入工作に当たったが,陰謀発覚して禁獄2年に処せられた。14年自由党に参加。日本郵船会社設立に参画,理事となり実業界に転じた。

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡本健三郎の関連キーワード伊藤和兌田中光顕桂月本土佐江口三省尾崎幸之進島田糺中山秀雄檜垣正義水野寅次郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone