コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本健三郎 おかもと けんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本健三郎 おかもと-けんざぶろう

1842-1885 明治時代の自由民権家,実業家。
天保(てんぽう)13年10月13日生まれ。維新後,太政官権(ごんの)判事から大蔵大丞(だいじょう)となる。明治6年征韓論争に敗れて退官し,翌年板垣退助らと民撰議院設立建白書を政府に提出した。のち実業界にはいり,日本郵船の理事となった。明治18年12月26日死去。44歳。土佐(高知県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

岡本健三郎

没年:明治18.12.26(1885)
生年:天保13.10.13(1842.11.15)
幕末の土佐(高知)藩士,明治の政治家。土佐郡潮江村(高知市)に生まれる。下横目を勤め坂本竜馬と交友,国事に奔走。維新後,大阪府勤務,次いで政府に出て土木頭,治河司,太政官権判事,大蔵大丞を経歴,明治5(1872)年博覧会用務でオーストリアに出張。翌年征韓論政変で辞職,下野参議らに連なり民選議院設立建白書に連署,民権論を主張。10年西南戦争,立志社の挙兵計画で銃器購入工作に当たったが,陰謀発覚して禁獄2年に処せられた。14年自由党に参加。日本郵船会社設立に参画,理事となり実業界に転じた。

(福地惇)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

岡本健三郎の関連キーワード民撰議院設立建白国会開設運動明治時代愛国公党古沢滋実業家愛国社没年

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android