コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡村景楼 おかむら けいろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡村景楼 おかむら-けいろう

1835-1890 幕末-明治時代の医師。
天保(てんぽう)6年生まれ。大坂や長崎で西洋医学をまなぶ。戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍の軍医。高知病院医監をつとめ,のち高知で開業。明治12,19年にコレラが流行したとき,治療法を考案し,おおくの患者をたすけた。明治23年2月7日死去。56歳。土佐(高知県)出身。初名は斧吉。号は桜峰,蜃気楼

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岡村景楼の関連キーワード明治時代天保

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android