コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡田明義 おかだ あきよし

2件 の用語解説(岡田明義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田明義 おかだ-あきよし

1824-1874 幕末-明治時代の殖産家。
文政7年7月生まれ。出羽(でわ)由利郡(秋田県)の人。安政6年蝦夷(えぞ)地(北海道)をまわり,ジャガイモの栽培法と加工法をまなび,郷里で実施。文久元年「無水岡田開闢(かいびゃく)法」をあらわし,ジャガイモ栽培の普及をはかった。明治7年1月13日死去。51歳。通称は藤九郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岡田明義

没年:明治7.1.13(1874)
生年:文政7.7(1824)
幕末・明治初期の地方的経世済民家。名は邦太郎,藤九郎あるいは貢ともいい,通称藤九郎。羽後国(秋田県)由利郡岩野目沢村の肝煎松永藤助の長男。家督相続ののちに村内に義倉を設立し,新田開発を行い,貧民救済を実施した。東北,北海道を周遊してジャガイモと出合い,農書『無水岡田開闢法』(1861)を著し,原野開発に水利を必要としないジャガイモ栽培の効用を主張した。岡田姓はこの著作に由来する。明治3(1870)年に民部省が同書を各府県に2部ずつ配布している。その後京都に上り,庶務取調方として出仕,貧民浮浪者対策に当たる。東京小石川に澱粉製造会社を設立したが,民部省から突然営業停止を通告された。<参考文献>佐藤常雄「『無水岡田開闢法』解題」(『日本農書全集』18巻)

(佐藤常雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡田明義の関連キーワード東方雙岳経世家大学或問陳亮経国済民経済経世済民済民小区大区

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone