コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡田淳 おかだ じゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田淳 おかだ-じゅん

1947- 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
昭和22年1月16日生まれ。小学校の図工専任教諭をしながら創作をつづける。学校の教室など,子どもたちに身近な場所を舞台にしたファンタジーがおおく,「雨やどりすべり台の下で」(昭和59年産経児童出版文化賞),「扉のむこうの物語」(63年赤い鳥文学賞),「こそあどの森の物語1,2,3」(平成7年野間児童文芸賞)などがある。兵庫県出身。神戸大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岡田淳の関連キーワード学校ウサギをつかまえろ星モグラサンジの伝説びりっかすの神さま二分間の冒険中田遺跡こそあど物語

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡田淳の関連情報