コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すべり台 すべりだい

2件 の用語解説(すべり台の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すべりだい【すべり台】

幼児・児童向きの固定された運動遊具。斜面を滑りおりる動きを楽しむ遊具で,スピード感,高低感,平衡感覚などが養われる。子どもは,自然の環境にあるいろいろな斜面をよじのぼり,滑りおりる遊びを好むが,すべり台は人工的につくられた斜面といえる。1880年ころアメリカで初めて製作され,明治末期に日本に輸入されたという。一般には高さ2~2.5m,滑走面の長さ4mくらいで1面のもの(単式)であるが,滑走面を2面にした複式のものや,滑走面がらせん状になったものなどもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

すべり台
すべりだい

高い所から自身の重みで滑り降りる遊具。器具の高さは、2メートルぐらいの幼児用から、4メートルぐらいの少年用、さらに、非常に長大な「大山すべり」といわれているものまで種々ある。滑り板の状態には直線、波状、回転などがあり、また、手すり踊り場があるものとないもの、材質には木造、金属、コンクリート造などがある。だいたい固定的なものであるが、簡便な移動式のものもある。様式にはストレートスライド(直線式のもの)、ウエーブ・スライド(波状のもの)、トンネル・スライド(途中にトンネルがあるもの)、スパイラル・スライド(旋回状のもの)、レーサー・スライド(1基から2本のすべり台が取り付けてあるもの)などがある。子供の遊具として、体の平衡感覚を養い、精神面でも勇気を育てるうえで有効である。[山崖俊子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すべり台の関連キーワード児童遊具固定電話幼児肋木北向きの鬼面固定翼ジュブナイルメルヘン村オイラーの固定点定理

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

すべり台の関連情報