岡田紅陽(読み)おかだ こうよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田紅陽 おかだ-こうよう

1895-1972 大正-昭和時代の写真家。
明治28年8月31日生まれ。大正12年の関東大震災の被害状況を東京府の嘱託として撮影。14年写真スタジオを設立。おもに山岳写真,風景写真をとり,富士山の撮影をライフワークとした。昭和27年日本写真協会を創設。昭和47年11月22日死去。77歳。新潟県出身。早大卒。本名は賢治郎。代表作に「富士」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡田紅陽の関連情報