コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡田紅陽 おかだ こうよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田紅陽 おかだ-こうよう

1895-1972 大正-昭和時代の写真家。
明治28年8月31日生まれ。大正12年の関東大震災の被害状況を東京府の嘱託として撮影。14年写真スタジオを設立。おもに山岳写真,風景写真をとり,富士山の撮影をライフワークとした。昭和27年日本写真協会を創設。昭和47年11月22日死去。77歳。新潟県出身。早大卒。本名は賢治郎。代表作に「富士」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岡田紅陽の関連キーワード山梨県南都留郡忍野村忍草小池邦夫絵手紙美術館岡田紅陽写真美術館岡田 紅陽白籏史朗昭和時代写真家

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡田紅陽の関連情報