コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩井智海 いわい ちかい

2件 の用語解説(岩井智海の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

岩井智海

浄土宗知恩院門跡・浄土門主。福岡県生。旧姓は安河内、号は鈴泉。仏教音楽の専門家で、岩井一水の名で「仏教唱歌」を作った。著書に『仏教音楽論』『立重講記』等がある。昭和17年(1942)寂、80才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩井智海 いわい-ちかい

1863-1942 明治-昭和時代前期の僧。
文久3年5月27日生まれ。浄土宗。知恩院大学林,上野音楽学校などでまなぶ。堺(さかい)の大阿弥陀経寺住職をへて大正15年知恩院執事長。昭和9年増上寺法主,知恩院門跡(もんぜき),浄土宗管長。昭和17年5月24日死去。80歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。旧姓は安河内。字(あざな)は鈴泉。号は旭蓮社願誉無涯底阿,一水。著作に「五重講説」「仏教音楽論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

岩井智海の関連キーワード県忍佐伯悟竜千宗左(12代)武田秀雄塚原大応那須弓雄穂積歌子三上豊夷三田俊次郎山田賀一