コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩井智海 いわい ちかい

美術人名辞典の解説

岩井智海

浄土宗知恩院門跡・浄土門主。福岡県生。旧姓は安河内、号は鈴泉。仏教音楽の専門家で、岩井一水の名で「仏教唱歌」を作った。著書に『仏教音楽論』『立重講記』等がある。昭和17年(1942)寂、80才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩井智海 いわい-ちかい

1863-1942 明治-昭和時代前期の僧。
文久3年5月27日生まれ。浄土宗。知恩院大学林,上野音楽学校などでまなぶ。堺(さかい)の大阿弥陀経寺住職をへて大正15年知恩院執事長。昭和9年増上寺法主,知恩院門跡(もんぜき),浄土宗管長。昭和17年5月24日死去。80歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。旧姓は安河内。字(あざな)は鈴泉。号は旭蓮社願誉無涯底阿,一水。著作に「五重講説」「仏教音楽論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android