コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩垣月洲 いわがき げっしゅう

美術人名辞典の解説

岩垣月洲

幕末・明治の儒学者。京都生。名は亀。通称は六蔵、岡田南涯の子。岩垣東園に師事し、その歿後同塾を継ぐ。天保年間に習学所教授となるが病の為辞任、のち失明。著書に『科挙志略』『月洲遺稿』等がある。明治6年(1873)歿、66才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩垣月洲 いわがき-げっしゅう

1808-1873 江戸時代後期の儒者。
文化5年生まれ。岩垣竜渓の遵古堂にまなぶ。弘化(こうか)4年開校した学習所(のち学習院)教授となる。竜渓の養子東園の死後,遵古堂をつぎ,岩垣姓を称した。明治6年9月8日死去。66歳。京都出身。本姓は岡田。名は亀。通称は六蔵。姓は巌垣ともかく。著作に「国語説鈴」「西征快心編」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岩垣月洲の関連キーワード川島宇一郎富岡 鉄斎富岡鉄斎若江薫子儒者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android