岩城穆斎(読み)いわき ぼくさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩城穆斎 いわき-ぼくさい

1747-1788 江戸時代中期の商人。
延享4年生まれ。安永2年兄泰蔵の跡をつぎ,清五郎を名のる。能登(のと)(石川県)七尾で廻船問屋をいとなむ。海産物の交易による利益を海浜諸村民に還元し,義商清五郎とよばれた。亀井南冥(なんめい)に,のち皆川淇園(きえん)に師事。天明8年1月30日死去。42歳。淇園がその墓碑銘をかいた。名は真。字(あざな)は公淳。屋号は塩屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android