コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩城穆斎 いわき ぼくさい

1件 の用語解説(岩城穆斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩城穆斎 いわき-ぼくさい

1747-1788 江戸時代中期の商人。
延享4年生まれ。安永2年兄泰蔵の跡をつぎ,清五郎を名のる。能登(のと)(石川県)七尾で廻船問屋をいとなむ。海産物の交易による利益を海浜諸村民に還元し,義商清五郎とよばれた。亀井南冥(なんめい)に,のち皆川淇園(きえん)に師事。天明8年1月30日死去。42歳。淇園がその墓碑銘をかいた。名は真。字(あざな)は公淳。屋号は塩屋。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岩城穆斎の関連キーワード竹田出雲(初代)桃園天皇桂川甫筑裏松光世カント(年譜)サリエリ朋誠堂喜三二中止命令と勧告会田安明小川破笠

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone