コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩崎京子 イワサキキョウコ

3件 の用語解説(岩崎京子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いわさき‐きょうこ〔いはさきキヤウこ〕【岩崎京子】

[1922~ ]児童文学作家。東京の生まれ。人間と自然・動物との交流を淡々とした筆致で描く。「鯉(こい)のいる村」で昭和45年度(1970)芸術選奨。他に「サギ」「シラサギ物語」「花咲か」など。平成10年(1998)児童文化功労賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩崎京子 いわさき-きょうこ

1922- 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
大正11年10月26日生まれ。第二次大戦与田凖一に師事。昭和34年短編「さぎ」で児童文学者協会新人賞。人間と動植物の交流をえがきつづけ,46年「鯉のいる村」で芸術選奨,野間児童文芸賞歴史小説風な長編「花咲か」などもある。東京出身。恵泉女学園高等部卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩崎京子
いわさききょうこ
(1922― )

児童文学作家。東京生まれ。恵泉女学園高等部卒業。同人雑誌『童話』に拠(よ)って作品を発表し、『サギ』(1959)で日本児童文学者協会新人賞を受賞。動物や自然を愛する誠実な人間の姿を流麗な筆で淡々と描く作風で、代表作に『シラサギ物語』(1964。講談社児童文学新人賞)、『鯉(こい)のいる村』(1969。野間児童文芸賞、芸術選奨文部大臣賞)などがある。また、『花咲か』(1973。日本児童文学者協会賞)など歴史的な素材を使っての作品にも新たな境地を示している。その後の作品に、『東海道鶴見村』(1977)、『鶴見十二景』(1979)、『久留米がすりのうた』(1981。児童福祉文化賞)など、また、「ももたろう」などの『にほんむかしばなし』全10冊(1984)や「かぐやひめ」などの『日本の民話えほん』全6冊(1996~2000)がある。エッセイ集に『子どものいる風景』『花に暮れて』(ともに1993)など。1998年(平成10)児童文化功労賞受賞。[西本鶏介]
『『鯉のいる村』(1969・新日本出版社) ▽『東海道鶴見村』(1977・偕成社) ▽『鶴見十二景』(1979・偕成社) ▽『久留米がすりのうた』(1981・旺文社) ▽『少女たちの明治維新――日本で最初の女子留学生たち』(1983・PHP研究所) ▽『にほんむかしばなし ももたろう他』全10冊(1984・フレーベル館) ▽『集団読書テキスト サギ』(1992・全国学校図書館協議会) ▽『子どものいる風景』(1993・新日本出版社) ▽『花に暮れて』(1993・文渓堂) ▽『日本の民話えほん かぐやひめ他』全6冊(1996~2000・教育画劇) ▽『けいたのボタン』(1999・にっけん教育出版社) ▽『原爆の火』(2000・新日本出版社) ▽『子どもの本 ドッジの風』(2001・大日本図書) ▽『シラサギ物語』(講談社文庫) ▽『花咲か』『神かくしの山』(偕成社文庫) ▽『かさこじぞう』(ポプラ社文庫) ▽小美濃威著『文学教材の読み方指導8 「かさこじぞう」の授業』(1989・桐書房) ▽西郷竹彦著『西郷竹彦文芸・教育全集32 対談2』(1998・恒文社) ▽日本児童文学者協会編『作家が語るわたしの児童文学15人』(2002・にっけん教育出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩崎京子の関連キーワード古田足日安房直子上野瞭加藤多一神宮輝夫関英雄那須田淳西本鶏介浜野卓也山下明生

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩崎京子の関連情報