コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩崎想左衛門 いわさき そうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩崎想左衛門 いわさき-そうざえもん

1598-1662 江戸時代前期の治水家。
慶長3年生まれ。周防(すおう)(山口県)の人。鹿野村漢陽寺の裏山にトンネルをほり,錦川の支流渋川から引水することを計画。慶安4年着工した用水路承応(じょうおう)3年完成し,潮音洞(ちょうおんどう)と名づけられた。灌漑(かんがい)面積は約21ha。寛文2年8月18日死去。65歳。名は重友。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岩崎想左衛門の関連キーワードチャップマン太閤検地伊丹勝長江戸座シャンパーニュビドルからくりパスカル(Blaise Pascal)ボイル(Robert Boyle)三方五湖

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android