岩崎秋溟(読み)いわさき しゅうめい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩崎秋溟 いわさき-しゅうめい

1834-1887 幕末-明治時代の儒者,官吏。
天保(てんぽう)5年11月29日生まれ。郷里土佐(高知県)で岡本寧浦(ねいほ),江戸で安積艮斎(あさか-ごんさい)にまなび,土佐勤王党にくわわる。戊辰(ぼしん)戦争に書記役で従軍し,「東征記」としてまとめる。維新後は新政府につとめた。明治20年12月22日死去。54歳。名は維慊。字(あざな)は君義。通称は馬之助。別号に克堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android