コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩瀬華沼 いわせ かしょう

1件 の用語解説(岩瀬華沼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩瀬華沼 いわせ-かしょう

1732-1810 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)17年生まれ。肥前島原藩(長崎県)藩士。儒学を河口静斎,書を三井親和(しんな)にまなぶ。寛政5年創設された藩校稽古(けいこ)館の教授となる。柴野栗山(りつざん),頼杏坪(らい-きょうへい)らと親交があった。文化7年11月8日死去。79歳。名は行言。字(あざな)は子言。通称は勘平。著作に「中夜独語」「更生録」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岩瀬華沼の関連キーワード筒井村作兵衛若林強斎山科別院山科本願寺グアナフアト神谷源内植村文楽軒手話言語条例をめぐる動き「真田丸」効果後ろ面

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone