コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三井親和 みつい しんな

5件 の用語解説(三井親和の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

三井親和

江戸中・後期の書家・武術家。江戸生。字は儒卿、通称は孫兵衛、号に龍湖・万玉亭。僧東湖に学び、また細井広沢の門人となり、門下四天王の一人といわれる。天明2年(1782)歿、83才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みつい‐しんな〔みつゐシンワ〕【三井親和】

[1700~1782]江戸中期の書家。信濃または江戸の人という。細井広沢に師事。篆書(てんしょ)をよくし、寺社の額などで人気を博した。また、弓馬にもすぐれた。→親和染

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三井親和 みつい-しんな

1700-1782 江戸時代中期の書家,武術家。
元禄(げんろく)13年生まれ。江戸深川にすむ。書を細井広沢にまなび,門下四天王のひとり。額,幟(のぼり)をかいて流行書家となり,篆書(てんしょ)は染め物にもちいられて「親和染め」とよばれた。武人で,弓馬の門人もおおい。天明2年3月7日死去。83歳。信濃(しなの)(長野県)出身。字(あざな)は孺卿。通称は孫兵衛。号は竜湖。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三井親和

没年:天明2.3.7(1782.4.19)
生年:元禄13(1700)
江戸中期の書家,武術家。字は孺卿,号は竜湖,万玉亭など。通称は孫兵衛。書を僧東湖,のち細井広沢に学ぶ。その書は一世を風靡し,寺社の扁額や商家の看板に至るまで,幅広い揮毫を手がけた。特に篆書は「親和染」と呼ばれる染物として世に広まった。また,弓馬射術などの武芸にも長じた。

(永由徳夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みついしんな【三井親和】

1700~1782) 江戸中期の書家・武術家。江戸の人。書を細井広沢に学び門下四天王と称され、特に篆書てんしよをよくした。射術にもすぐれ、深川三十三間堂通し矢も行なった。 → 親和染

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三井親和の関連キーワード荒木維岳高頤斎島篆癖滕永孚細井九皐松井半平松原素元矢野玉洲山地芙蓉猨山叡麓

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三井親和の関連情報