コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三井親和 みつい しんな

美術人名辞典の解説

三井親和

江戸中・後期の書家・武術家。江戸生。字は儒卿、通称は孫兵衛、号に龍湖・万玉亭。僧東湖に学び、また細井広沢門人となり、門下四天王の一人といわれる。天明2年(1782)歿、83才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三井親和 みつい-しんな

1700-1782 江戸時代中期の書家,武術家。
元禄(げんろく)13年生まれ。江戸深川にすむ。書を細井広沢にまなび,門下四天王のひとり。額,幟(のぼり)をかいて流行書家となり,篆書(てんしょ)は染め物にもちいられて「親和染め」とよばれた。武人で,弓馬の門人もおおい。天明2年3月7日死去。83歳。信濃(しなの)(長野県)出身。字(あざな)は孺卿。通称は孫兵衛。号は竜湖。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三井親和

没年:天明2.3.7(1782.4.19)
生年元禄13(1700)
江戸中期の書家,武術家。字は孺卿,号は竜湖,万玉亭など。通称は孫兵衛。書を僧東湖,のち細井広沢に学ぶ。その書は一世を風靡し,寺社の扁額商家の看板に至るまで,幅広い揮毫を手がけた。特に篆書は「親和染」と呼ばれる染物として世に広まった。また,弓馬射術などの武芸にも長じた。

(永由徳夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

みついしんな【三井親和】

1700~1782) 江戸中期の書家・武術家。江戸の人。書を細井広沢に学び門下四天王と称され、特に篆書てんしよをよくした。射術にもすぐれ、深川三十三間堂通し矢も行なった。 → 親和染

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三井親和の関連キーワード伊勢屋八兵衛岩瀬華沼三井之孝三井之峻亀田鵬斎三井没年

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android