岩田道之助(読み)いわた みちのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩田道之助 いわた-みちのすけ

1849-1894 明治時代の自由民権運動家。
嘉永(かえい)2年生まれ。家は武蔵(むさし)川崎(神奈川県)の商家。明治8年川崎の戸長となり,14年県会議員。橘樹郡(たちばなぐん)親睦会の創立にくわわり,また多摩川築堤運動につくした。明治27年死去。46歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android