コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岷山山脈(読み)みんざんさんみゃく(英語表記)Mín shān shān mài

世界大百科事典 第2版の解説

みんざんさんみゃく【岷山山脈 Mín shān shān mài】

中国,四川省北部,甘粛との省境にあり,北西から南東にのびる山脈。〈びんざん〉とも読む。西は黄河をはさんでアニエマチェン(アムネマチン)山脈に連なり,東は嘉陵江をはさんで米倉山と接する。長江(揚子江)水系の岷江と嘉陵江の発源地。標高4000m前後の高原状の山地で牧畜が発達,南西山麓には草原や湿地の多い広大な松潘草地がひろがる。1935年,中国紅軍は,長征の途上湿地帯を通り北上し,岷山山脈を越えている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岷山山脈
びんざんさんみゃく / ミンシャン

中国、四川(しせん)省と甘粛(かんしゅく)省の境界にある山脈。西は黄河を隔ててアムネマチン山脈に、東は嘉陵江(かりょうこう)を隔てて大巴(だいは)山脈に続く。四川盆地の北を限り北西から南東に連なるものと、南下するものの二派に分かれる。平均標高4000メートル程度で、主峰は雪宝頂(5588メートル)。年降水量500ミリの半乾燥気候に属する。揚子(ようす)江と黄河の分水嶺(ぶんすいれい)で、北東斜面から嘉陵江の支流白竜江が、南西斜面から岷江が源を発する。[酒井敏明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の岷山山脈の言及

【岷山山脈】より

…標高4000m前後の高原状の山地で牧畜が発達,南西山麓には草原や湿地の多い広大な松潘草地がひろがる。1935年,中国紅軍は,長征の途上湿地帯を通り北上し,岷山山脈を越えている。【駒井 正一】。…

※「岷山山脈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android