嘉陵江(読み)かりょうこう

日本大百科全書(ニッポニカ)「嘉陵江」の解説

嘉陵江
かりょうこう / チャリンチヤン

中国、揚子江(ようすこう/ヤンツーチヤン)支流の川。陝西(せんせい/シャンシー)省南西部宝鶏(ほうけい/パオチー)付近から南西流し、甘粛(かんしゅく/カンスー)省南東端からふたたび陝西省を経て、その北東部から四川(しせん/スーチョワン)省に入って南流する。広元(こうげん/コワンユワン)で白水江(はくすいこう)、合川(ごうせん)で右から涪江(ふこう)、左から渠江(きょこう)が流入し、重慶(じゅうけい/チョンチン)で揚子江に合流する。全長1119キロメートル、流域面積約16万平方キロメートル。全長の約7割は水運可能であり、合川と重慶との間には客船が往来する。なお、上流の峡谷地帯には多くのダムがある。

[小野菊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「嘉陵江」の解説

かりょう‐こう ‥カウ【嘉陵江】

中国、揚子江の支流の一つ。陝西省南部、鳳県東北方の嘉陵谷が水源。四川省東部を南流して西漢水、白水江を合わせ、重慶付近で揚子江に注ぐ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「嘉陵江」の解説

かりょうこう【嘉陵江 Jiā líng jiāng】

中国,四川省東部の長江(揚子江)の支流。全長約1120km。陝西省の秦嶺山中に発して南下,渠江などと合流して重慶で長江に注ぐ。急流で水量も多く,九峰山などをうがち,長江三峡に比すべき瀝鼻(れきび)峡,温塘(おんとう)峡,観音峡の〈小三峡〉を形成している。重慶北方の合川付近には洪水の水位を示す清代の〈題刻〉も残る。平時,陝西省略陽県まで航行可能なので,秦・漢以来,四川の一動脈として発展してきた。【駒井 正一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android