コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四川盆地 しせんぼんち

百科事典マイペディアの解説

四川盆地【しせんぼんち】

中国,四川省の中心をなす盆地。巴蜀(はしよく)盆地とも。北は大巴(だいは)山脈,西は大雪山脈,南は雲貴高原,東は巫山(ふざん)に囲まれ,長江嘉陵江岷江(びんこう),沱江(だこう)などが流れ,肥沃温暖,灌漑(かんがい)水利の行き届いた穀倉地帯をなす。
→関連項目四川[省]重慶

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しせんぼんち【四川盆地 Sì chuān pén dì】

中国,四川省東部の盆地。米倉,邛崍(きようらい),大婁(だいろう),巫山などに囲まれ,東部の山地,中部の丘陵,西部の成都平原の各地域からなる。紫紅色の砂岩・ケツ岩が堆積するため,紫色盆地,赤盆地ともよばれる。岷(みん)・沱(だ)・嘉陵江などの河川が縦貫,南部を東流する長江(揚子江)に合流する。気候は温暖多湿。古来,〈天府の国〉といわれ,巴蜀の地として繁栄,成都,重慶など都市が発達し,四川人口の大半が集中している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四川盆地
しせんぼんち

スーチョワン(四川)盆地」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四川盆地
しせんぼんち / スーチョワンペンティー

中国、四川省東部にある大盆地。北東は大巴(だいは/ターパー)山脈、北西から南は青蔵(せいぞう)高原、雲貴(うんき)高原に囲まれる。標高400~800メートル、面積約18万平方キロメートル。約一億数千万年前は湖で、多くの恐竜化石が発見される。盆地南部を揚子江(ようすこう/ヤンツーチヤン)が北東流し、岷江(びんこう/ミンチヤン)、嘉陵江(かりょうこう/チャリンチヤン)、赤水河(せきすいが/チーショイホー)などがこれに合流する。気候は冬暖かく、降水量も年約1000ミリメートルで作物の生育期間が長く、米、小麦、菜種などの主要産地であり、養蚕も盛んである。盆地東部は山脈と河谷が並行し、中央部は丘陵が多いが、北西部にある約6000平方キロメートルの成都(せいと/チョントゥー)平原は、岷江の水の利用と肥沃(ひよく)な土壌により物産の豊かな地方である。盆地には石炭、天然ガス、岩塩、燐(りん)鉱石などの資源が多い。[小野菊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の四川盆地の言及

【四川[省]】より

…省都は成都市。
[自然]
 四川省はおおむね東部の四川盆地と西部の山地高原部に区分できる。四川盆地は大巴山,米倉山,青蔵高原辺縁部,大婁山,巫山などに囲まれた断層沈降盆地である。…

※「四川盆地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

四川盆地の関連キーワードスーチョワンヘンティーオーメイ(峨眉)山峨眉山と楽山大仏スーチョワン盆地蛾眉山・峨眉山四川(省)四川[省]巫山山脈岷山山脈崑崙山脈大巴山脈大足石刻金沙江西南中国宜昌温江烏江瀘州雅安

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android