コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島左近 しま さこん

2件 の用語解説(島左近の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島左近 しま-さこん

島清興(しま-きよおき)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しまさこん【島左近】

?‐1600(慶長5)
織豊政権期の武将。名は清興。勝猛,友之とする書もある。筒井氏に属していたが,のち,石田三成の股肱(ここう)の臣となる。〈治部少に過ぎたるものが二つあり,島の左近と佐和山の城〉の落首は著名である。1592年(文禄1)朝鮮に出兵。1600年9月の関ヶ原の戦には,14日の徳川家康到着に動揺する西軍を鼓舞するため先鋒中村一栄,有馬豊氏の軍をさんざんに破った。翌15日の決戦には,三成の前衛の指揮をとり勇戦力闘のうちに戦死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

島左近の関連情報