コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落首 ラクシュ

デジタル大辞泉の解説

らく‐しゅ【落首】

風刺・批判・あざけりの意を含めた匿名のざれ歌。詩歌の形式による落書(らくしょ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

落首【らくしゅ】

落書

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

らくしゅ【落首】

詩歌形式の落書らくしよ。風刺・嘲笑・批判の意をこめた匿名の歌。 → 落書

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

落首
らくしゅ

時局の風刺や権力者を批判、嘲笑(ちょうしょう)した匿名の文章や詩歌のうち、とくに詩歌形式のものを落首という。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の落首の言及

【替歌】より

…この場合,本歌をただまねたり,作り直したりするのではなく,本歌を連想させながら新しい歌境を生み出すことが重要であった。中世に多くみられた落首(狂歌体で,政治に対する風刺的批判を込めた句)なども替歌の一種とすることもできよう。落首の起源は権力者に対する寓意的批判を込めた童謡(わざうた)としての,いわゆる流行歌(はやりうた)にあり,名君たるもの巷(ちまた)の童謡に心すべしといわれた。…

【落書】より

…転じて,記述や描写の目的を定めずに遊び心で描く態度をさす。日本では,〈落書〉を〈らくしょ〉と読んだ時代が長く,そもそもは〈落首(らしじゆ)〉に由来することばである。落首は,詩歌の形で時事や人物を諷した章句を門や塀にはったり,道に落として世間の評判をたてようとする行為や作品をいった。…

【落書】より

…時の政情や社会風潮の風刺・批判,陰謀の密告,特定の個人に対する嘲弄・攻撃のために作成し,ひそかに,人目につきやすい場所に落としておいたり(落しぶみ),門戸や壁に書きつけたり,紙に書いて掲示したりした匿名(とくめい)の文書。詩歌の形式によるものは,とくに〈落首(らくしゆ)〉といいならわしてきている。また,いわゆる〈いたずらがき〉としての〈らくがき〉(落書,楽書)は,〈らくしょ〉が変化したものであるが,本来のそれとは区別されている。…

※「落首」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

落首の関連キーワード清元延寿太夫(初代)楽・洛・絡・落・酪フィールディング宝永水府太平記アラウンパヤージャーナリズム箭括氏麻多智マザリナードコンバウン朝藤岡屋日記寛政の改革鹿都部真顔播姫太平記新撰狂歌集谷川俊太郎ドットーリ田口森蔭松平定信田沼意次維新史料

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

落首の関連情報