コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布団/蒲団 フトン

デジタル大辞泉の解説

ふ‐とん【布団/×蒲団】

《「ふ()」「とん(団)」は唐音。「布」は「蒲」に当てた字》
布地を縫い合わせ、中に綿・羽毛などを入れた寝具。敷き布団掛け布団など。「―を敷く」「―を上げる」「煎餅(せんべい)―」 冬》「―着て寝たる姿や東山/嵐雪
座禅などで座るときに用いる蒲(がま)の葉で編んだ円形のもの。
[補説]書名別項。→蒲団

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の布団/蒲団の言及

【押入れ】より

…和風の住宅で布団などをしまうために作られた戸棚。奥行0.9m,幅1.8mくらいの大きさで,上下2段に分け,襖(ふすま)または板戸で開閉する。…

【寝具】より

…まず最初は綿花をそのまま詰物として用い,やがて綿織物が出てくると側(がわ)も木綿を使った寝具が作られるようになった。呼名も上蓆が蒲団(布団)(ふとん)に,衾が夜着(よぎ)に変わった。しかし室町時代は,まだ木綿の寝具は大変な貴重品であった。…

【寝間】より

…江戸時代の民家で,家長の夫婦や幼児の就寝に使われた部屋の呼称。〈なんど〉〈おく〉〈へや〉などとも呼ばれ,特殊な呼称に〈ちょうだ〉〈ねどこ〉〈ねじき〉などがある。部屋の形状は,江戸時代前半までは三方を壁で閉ざし,入口の敷居を20cmほど高くし,半分を壁にして板戸を1枚引き込み,外から施錠できるようになっているものもある。当時の〈ねま〉がこのような形状になった理由ははっきりしない。飛驒の白川郷や八丈島に〈ちょうだ〉の語が残っているのをみると,平安時代の伝統を受け継いでいるようにみえるが,平安時代の帳台(ちようだい)は周囲に帳を垂れた部屋であり,民家の寝間は《春日権現験記》に描かれた納戸の形式に類似している。…

※「布団/蒲団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

布団/蒲団の関連キーワード墓に布団は着せられず煎餅布団・煎餠布団炬燵掛け・炬燵掛貸し布団・貸布団掛け布団・掛布団敷き布団・敷布団コンフォーター座布団・座蒲団羽根布団床を取る羽毛布団煎餅布団五幅布団肘突き布団綿肉布団藁布団鏡布団敷き衾櫓炬燵

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android