村山古郷(読み)むらやま こきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村山古郷 むらやま-こきょう

1909-1986 昭和時代の俳人。
明治42年6月19日生まれ。志田素琴(そきん)に師事。昭和21年「べんがら」を創刊して主宰。30年石田波郷の「鶴」同人。俳句史,評伝に業績があり,54年「明治俳壇史」で芸術選奨をうけた。昭和61年8月1日死去。77歳。京都出身。国学院大卒。本名は正三。著作はほかに「俳句もわが文学」など。
【格言など】雪ふり出す鍋つつきゐてひとの家(「西京」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android