コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村山古郷 むらやま こきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村山古郷 むらやま-こきょう

1909-1986 昭和時代の俳人。
明治42年6月19日生まれ。志田素琴(そきん)に師事。昭和21年「べんがら」を創刊して主宰。30年石田波郷の「鶴」同人。俳句史,評伝に業績があり,54年「明治俳壇史」で芸術選奨をうけた。昭和61年8月1日死去。77歳。京都出身。国学院大卒。本名は正三。著作はほかに「俳句もわが文学」など。
【格言など】雪ふり出す鍋つつきゐてひとの家(「西京」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村山古郷の関連キーワードホトトギス(俳句雑誌)馬酔木(俳句雑誌)長谷川かな女大須賀乙字村沢 夏風阿波野青畝富沢赤黄男松根東洋城内田 百閒6月19日高野素十高柳重信富田木歩村上鬼城山口青邨前田普羅富安風生芝不器男渡辺水巴佐々醒雪

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android