島村晩翠(読み)しまむら ばんすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島村晩翠 しまむら-ばんすい

1682-1753 江戸時代中期の儒者。
天和(てんな)2年生まれ。鶴原九皐(きゅうこう)にまなび,筑前(ちくぜん)福岡藩の儒官となる。延享5年(1748)朝鮮通信使応接にあたる。宝暦3年12月1日死去。72歳。名は遅。字(あざな)は叔謙,のち遅含。通称は宇兵衛

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android