コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴原九皐 つるはら きゅうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴原九皐 つるはら-きゅうこう

1666-1711* 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文6年生まれ。貝原益軒高弟。家業をついで医師となるが,のち京都,江戸で儒学をまなぶ。郷里の筑前(ちくぜん)福岡にもどり藩主黒田綱政の侍講となる。門下に櫛田琴山(くしだ-きんざん),島村晩翠(ばんすい)らがいる。宝永7年11月15日死去。45歳。名は韜。字(あざな)は君玉。通称は新平。別号梅庵

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鶴原九皐の関連キーワード儒者