コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島村鼎甫 しまむら ていほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島村鼎甫 しまむら-ていほ

1830-1881 幕末-明治時代の医学者。
天保(てんぽう)元年生まれ。大坂の後藤松陰,緒方洪庵(こうあん),京都の赤沢寛甫,江戸の伊東玄朴にまなぶ。文久2年(1862)幕府の医学所教官となる。維新後,大学東校の少博士,中教授をつとめた。明治14年2月25日死去。52歳。備前(岡山県)出身。本姓は津下(つげ)。名は別に鼎。字(あざな)は鉉仲。通称は貞蔵。号は柴軒。訳書に「生理発蒙」「創痍新説」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島村鼎甫の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android