島次郎(読み)しま じろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島次郎 しま-じろう

1946- 昭和後期-平成時代の舞台美術家。
昭和21年4月6日生まれ。舞台美術家として演劇を中心にミュージカル,オペラ,ダンス,コンサート公演などの美術を担当。平成8,9,10,12年と読売演劇大賞優秀スタッフ賞。10年には「PW」「温室の前」の美術,「どん底」の装置で紀伊国屋演劇賞個人賞。14年「アンチゴーヌ」の装置,「ベクター」「コペンハーゲン」の美術で読売演劇大賞最優秀スタッフ賞。16年「浮標」「ニュルンベルク裁判」「世阿弥」の舞台美術で朝日舞台芸術賞。同年紫綬褒章。25年「ナシャ・クラサ」「リチャード三世」の美術で読売演劇大賞最優秀スタッフ賞。北海道出身。武蔵野美大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島次郎の関連情報