コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津忠持 しまづ ただもち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津忠持 しまづ-ただもち

1766-1831 江戸時代中期-後期の大名。
明和3年6月29日生まれ。島津久柄(ひさもと)の3男。天明5年(1785)日向(ひゅうが)(宮崎県)佐土原(さどはら)藩主島津家8代となる。藩財政困窮のため諸士知行の半額を3年余徴収。藩士を大坂の儒者御牧直斎のもとでまなばせ,文教につくした。天保(てんぽう)2年1月26日死去。66歳。通称は又之進。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

島津忠持の関連キーワード島津忠徹

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android