コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津忠時 しまづ ただとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津忠時 しまづ-ただとき

1202-1272 鎌倉時代の武将。
建仁(けんにん)2年生まれ。島津忠久(ただひさ)の長男。島津氏2代。承久(じょうきゅう)の乱で戦功をたて,若狭(わかさ)守護となる。嘉禄(かろく)3年(1227)父の没後,薩摩(さつま)守護をつぐ。鎌倉在住の有力御家人として近習番役などをつとめた。文永9年4月10日死去。71歳。初名は忠義。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島津忠時の関連キーワード伊集院忠棟島津忠綱島津久経若狭忠季鎌倉時代建仁

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android