コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津忠久 しまづただひさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

島津忠久
しまづただひさ

[生]治承3(1179)
[没]嘉禄3(1227).6.18. 鎌倉?
鎌倉時代の武将。島津氏の祖といわれる。源頼朝庶子ともいわれ,出自諸説あって不明。鎌倉幕府の成立で,薩摩島津地頭職ならびに薩摩,大隅,日向3国守護職に補任された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

島津忠久【しまづただひさ】

鎌倉時代の武将で,島津氏初代とされる。法名は得仏(とくぶつ)。惟宗(これむね)姓で,近衛(このえ)家の家司(けいし)惟宗氏の出か。1185年島津荘下司(げし)職,翌年惣地頭職に補任。
→関連項目島津荘禰寝院

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津忠久 しまづ-ただひさ

?-1227 鎌倉時代の武将。
島津氏初代。文治(ぶんじ)2年(1186)南九州の島津荘の地頭となり,島津を称す。5年源頼朝の奥州藤原攻めに参加。建久8年薩摩(さつま)・大隅(おおすみ)守護,のち日向(ひゅうが)守護もかねる。比企能員(ひき-よしかず)の乱に連座し罷免されたが,のち薩摩守護のみ復職。承久(じょうきゅう)の乱後,越前(えちぜん)守護にもなる。嘉禄(かろく)3年6月18日死去。本姓は惟宗(これむね)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

島津忠久

没年:安貞1.6.18(1227.8.1)
生年:生年不詳
鎌倉前期の武士。摂関家の下家司を世襲した惟宗氏の出身。左兵衛尉に任じて皇嘉門院聖子に仕え,同院領山城国(京都府)上久世荘内石原方に権益を有した。源頼朝の乳母比企尼の縁者であったことから鎌倉御家人となり,文治2(1186)年南九州の大荘園である島津荘の地頭職を与えられて島津氏を称した(島津氏初代)。建久8(1197)年薩摩・大隅守護,その後,日向の守護も兼ねたが,建仁3(1203)年の比企氏の乱に連座して収公される。のち薩摩のみ旧に復した。承久の乱後,越前守護にも補された。幕府出仕後も京都で活動することが多く,官は左衛門尉・検非違使から豊後守にまで進んだ。<参考文献>野口実「惟宗忠久をめぐって」(『立命館文学』521号)

(野口実)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しまづただひさ【島津忠久】

?‐1227(安貞1)
鎌倉時代の薩摩・大隅・日向国守護。法名得仏。島津氏初代,惟宗姓。系図は源頼朝庶子。母は比企能員妹丹後局,惟宗広言の養子とするが不詳。幕末に以仁王遺子説が生まれたが誤り。近衛家の家司惟宗氏の出か。生年については1179年(治承3)説があるが疑問。85年(文治1)島津荘下司職,翌年惣地頭職補任。89年には島津荘荘官を率いて奥州征伐に参加。97年(建久8)薩隅両国家人奉行人(守護)となり,ついで日向・越前国守護。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島津忠久
しまづただひさ
(?―1227)

鎌倉初期の武将。島津氏の初代。「島津家譜」などの系図類によれば、源頼朝(よりとも)の庶長子、母は比企能員(ひきよしかず)の妹丹後局(たんごのつぼね)で、近衛(このえ)家の家司(けいし)惟宗(これむね)広言の養子とするが疑問。近衛家の家司出自説が有力である。生年については1179年(治承3)説があるが不詳。姓は惟宗、のち藤原とも称した。1185年(文治1)6月、伊勢国(いせのくに)須可荘(すかのしょう)・波出御厨地頭職(はでのみくりやじとうしき)に補任(ぶにん)、以降、島津荘下司職(げししき)・信濃国(しなののくに)塩田荘(しおだのしょう)地頭職に補任された。89年7月の奥州藤原氏征伐に従軍。97年(建久8)12月、大隅(おおすみ)・薩摩(さつま)の守護となり、のち日向(ひゅうが)の守護も兼ねた。1203年(建仁3)9月、比企能員の乱に縁座し、3か国の守護などを罷免されたが、まもなく薩摩の守護にのみ復した。13年(建保1)の和田義盛(よしもり)の乱に戦功をたて、21年(承久3)の承久(じょうきゅう)の乱後には、功により越前(えちぜん)守護となった。官途は、初め左兵衛尉(さひょうえのじょう)、のち左衛門尉(さえもんのじょう)、25年(嘉禄1)大夫尉(たいふのじょう)となり、のち豊後守(ぶんごのかみ)に任ぜられた。嘉禄(かろく)3年6月18日、鎌倉で没す。[菊池紳一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の島津忠久の言及

【薩摩国】より

…旧国名。薩州。鹿児島県西半部。
【古代】
 西海道に属する中国(《延喜式》)。大隅国と同じく日向国より分出し,合わせて南九州の三国,奥三州などと呼ばれた。《日本書紀》白雉4年(653)7月条に〈薩麻之曲竹島之間〉とみえ,《続日本紀》大宝2年(702)8月条に薩摩・多褹(たね)を征討し,戸を校(かんが)え吏を置く,10月条に唱更(はやひと)国司の言上で国内の要害に柵を建て兵を置くとあり,その説明に唱更国とは今の薩摩国府なりとあることから,このころ薩摩国は日向国より分出設置されたと思われる。…

※「島津忠久」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

島津忠久の関連キーワード島津氏(しまづうじ)郡山(鹿児島県)志布志(市)曽於(市)日置(市)若狭忠季島津忠時浄光明寺枚聞神社朝河貫一薩摩琵琶島津忠綱高尾野伊勢国薩摩国太田荘感応寺郡山野田

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android