島田宣来子(読み)しまだの のぶきこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島田宣来子 しまだの-のぶきこ

850-? 平安時代前期,菅原道真の妻。
嘉祥(かしょう)3年生まれ。島田忠臣(ただおみ)の娘。貞観(じょうがん)17年ごろ結婚。宇多天皇女御となった菅原衍子(えんし)らを生む。昌泰(しょうたい)2年(899)50歳になったとき,従五位下をさずけられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android