コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島田忠臣 しまだの ただおみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島田忠臣 しまだの-ただおみ

828-892 平安時代前期の官吏,漢詩人。
天長5年生まれ。島田清田(きよた)の孫。少外記,大宰少弐(だざいのしょうに),典薬頭(かみ)などを歴任。貞観(じょうがん)元年(859)と元慶(がんぎょう)7年(883)に渤海(ぼっかい)国使の応接にあたる。白楽天風の漢詩にすぐれ,詩集「田氏家集」がある。菅原道真(みちざね)としたしく,娘の宣来子(のぶきこ)は道真の妻となった。寛平(かんぴょう)4年死去。65歳。号は田達音(でん-たつおん)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しまだただおみ【島田忠臣】

828‐891?(天長5‐寛平3?)
平安時代前期の漢詩人。文章生出身の中級受領。田達音(でんたつおん)と号す。両親は不明だが,清田の孫か。弟に良臣。娘の宣来子(のぶきこ)は師菅原是善の息道真に嫁した。はやくからその詩才が認められ,渤海国使らの接待にあたり,詩を唱和した。紀長谷雄に〈当代之詩匠〉と称賛された。自由で平明な作風で,屛風詩,奉祝年調,詠史詩などが多い。白居易の詩や六朝詩の影響が指摘されている。《田氏家集》3巻が現存する。【川口 久雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

島田忠臣の関連キーワード島田宣来子安倍興行菅原衍子紀夏井漢文学裴頲

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android