コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島田尺草 しまだ しゃくそう

1件 の用語解説(島田尺草の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島田尺草 しまだ-しゃくそう

1904-1938 昭和時代前期の歌人。
明治37年9月16日生まれ。ハンセン病にかかり,大正13年九州療養所にはいる。医師で「水甕(みずがめ)」の歌人であった内田守人(もりと)に指導をうけ,病の苦痛や運命への諦観をうたった。昭和13年2月23日死去。35歳。福岡県出身。歌集に「一握(ひとにぎり)の藁(わら)」「櫟(くぬぎ)の花」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島田尺草の関連キーワード珪藻土直木賞歴史小説スロバキア文学東欧演劇近衛声明芥川賞亡命文学麦と兵隊戦争文学

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone