コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島田清田 しまだの きよた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島田清田 しまだの-きよた

779-855 平安時代前期の官吏。
宝亀(ほうき)10年生まれ。文章生(もんじょうしょう)の試験に合格し,大外記(だいげき),宮内少輔(しょう),治部少輔などを歴任弘仁(こうにん)4年多人長(おおの-ひとなが)の「日本書紀」の講書をうける。のち「日本後紀」編修にくわわる。斉衡(さいこう)2年9月18日死去。77歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

島田清田

没年:斉衡2.9.18(855.11.1)
生年宝亀10(779)
平安前期の官人。正六位上村作の子。幼少から学問好きで経史を学び,文章生の試験に合格ののち大学少属(大学寮の4等官)に任じられた。大外記,勘解由判官,伊賀守などを歴任,この間弘仁4(813)年には『日本書紀』の講書に名をつらねている(『日本書紀私記』)。のち『日本後紀』の編纂メンバーに加えられた。仁寿1(851)年11月に従五位上に昇進。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

島田清田の関連キーワード島田忠臣藤原良仁没年官吏

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android